任意後見に関するアレコレ

任意後見制度は本人が契約の締結の際に十分な判断能力を持っている間に、将来自身の判断能力が不十分になった場合のために後見事務の内容と後見する人を自分自身で決めておけるという制度です。家庭裁判所に申し込みをして選任をしてもらいます。誰が務めるのか、どこまで委託をするのかは話し合いによって決定することが可能です。この制度の大きな魅力としては本人の判断能力が不十分になる前に契約することが可能なので本人が自由に選べるという点にあります。

また、契約内容は登記されます。そのため、地位が公的に証明されることになります。そして家庭裁判所において監督人が選出されるため選んだ人物が仕事をきちんとこなしているのかを確認することができます。反対に注意すべき点もあります。それは死後の処理を委任することはできないという点です。また、法定後見制度とは異なり取消権はありません。これらの制度を悪用した犯罪行為等にも注意が必要です。一人暮らしの高齢者などを狙った手口も増加しています。この制度は将来に不安を抱える方にとっては不安を少しでも軽減することができる大切な制度です。そのためにも、しっかりとした知識を持って利用するべき制度と言えます。

Comments are closed.