第3順位「兄弟姉妹など」

亡くなった方の、兄弟姉妹などが第3順位として位置づけられています。もしも、兄弟姉妹が既に亡くなっている場合は、その子どもがなります。第1順位の人そして第2順位の人がいない場合は、相続人となるのです。民法の規定の相続人の順位は、この第3までです。子と兄弟や姉妹においては、このような代襲相続が認められているのです。また、死亡原因以外にも、相続の欠格または相続排除によって相続権を失っている場合も代襲相続となります。

従って、条件下によっては被相続人の、おい又はめいまでに相続が認められる事もあるということです。
また、片親が異なる場合は相続分に差が出てきます。異母兄弟や異父兄弟の方たちは、半血兄弟とも呼ばれます。この方たちの相続分は、通常の場合の半分になります。
配偶者というのは常に相続人になります。血族相続人は、決められた順序の通りに相続人になります。第1順位である子やその代襲相続人に該当人がいない場合には、第2順位の人が相続人になります。第2順とは位直系尊属に当たる者で、親や、親が他界している場合は祖父母になります。この第2順位も該当人がいない場合において、初めて兄弟姉妹などが相続者となるのです。

Comments are closed.