第2順位「直系尊属」

相続が行われる際には、遺言と民法の規定を元に財産を分ける事になります。財産を相続する事のできる者は、死亡した者の配偶者と血族です。しかし血族の場合は相続権を得る事ができる場合と出来ない場合があります。血族の場合には順位が決まっていて、先順位の者が優先して相続権を得る事ができる仕組みになっています。この点で常に相続権を得る事ができる配偶者とは扱いが異なります。


}PgžxQ
まず第一順位の相続人は直系卑属である子です。死亡した者に子がいるケースでは、子が相続権を得ることができます。同時に配偶者も相続権を得るため、配偶者と子が財産を相続します。子以外の血族が相続権を得るケースとしては、子がいない場合です。子の次に優先するのが第2順位になっている直系尊属である親です。未婚の者が死亡した場合には親が財産の全てを相続する仕組みになっています。また配偶者は居るが子が居ないというケースにおいては、配偶者が3分の2を相続し、親が残りの3分の1を相続するようになっています。
そして兄弟姉妹が第3順位になります。子も親もいない場合には兄弟姉妹が財産を相続する事になります。ただし2人いる場合には半分ずつになり、3人いる場合には3分の1ずつになります。